--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2016/07/15

67

ラジオを聞いていると、自分もやってみたいという気持ちになるのですが、その反面自分なんかがやってもおもしろくなるはずがないと思い、結果的に後者の気持ちが勝ってしまいます。恐らく間違いではないのでやらない方がいいのでしょうけど、ラジオを聞くとやっぱりやりたくなってしまいます。どうすればいいでしょうか、というお便り。
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
ラジオの構成作家という立ち位置を務めてみるのはどうでしょうか
ペン・スピニングのラジオは数多くあるものの殆どは成り行きで進行をしていくものなので、構成をキッチリ作ったラジオというのが聴きたいのだけれど自分にはやる気が起きないので代わりにやってほしい、というお便りです。
>>名無しさん
PN.名無しさんからお便りいただきました。ありがとうございます。
放送作家という立ち位置は想像していなかったのでなるほどなと思いました。
自分にできるのか、需要はあるのかなど疑問は残りますが、それでもやってみる価値はありそうだと感じました。何より自分が企画に携わっているというのは、今まで経験したことないので、自分で納得できるものが出来上がった際には是非やりたいです。
もしくは(時間があれば)自ら企画を立ち上げて週or月イチ程度でゲストを呼んでラジオができたらと今思いました。
いずれにせよすぐには難しいので、気長にお待ちしていただくか、待たないかの形になりますが、その際はよろしくお願いします。

管理者のみに表示
« 68 | HOME | 66 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。